つらい項目が飛び込んできてしまいました。

前日、私のいる地元のモールで
通り魔殺傷事件が発生してしまいました。
不審ヒューマンは30金の父親で「ミックス乱調症」を長年にわたって
患ってあり「これで終わりにしたかった。」
「死刑になれば暮らしが終わらせられると思った。」って
冷静に警官において答えていたそうです。
死者は一切妻でした。
60金女性が1言い方亡くなり、70金妻1言い方が重傷
40金って30金女性が軽傷との事でした。
勿論不審ヒューマンが犯罪も乏しい関係ない平凡に
刃物で刺した事態は無理矢理小さい事です。
私もこういう知らせを見た時はそんなメンタルでした。
そのあとに、ふっと頭に浮かんだのが
小学校時代の同級生の事を思い浮かべました。
その同級生は外見上は当社といった誠に同じですが
いわゆる「叡知後れ」を有する乳幼児でした。
そのために、体験を一向に知らない自身に
虐待もののコメントにあたってたりしていたのを
思い出しました。結果その乳幼児は中学校から養護セミナーへ赴き
当社とは別な生活になりましたが、出来上がり持って
そんな阻止や不具合を持って苦しむ自身は
世の中にたくさんいると思います。
こういう不審ヒューマンもこんな心理ストレスから
こんな被害品行に出たのかもしれませんね。酵素 薬局

実情から1つずつ何かを消して得た命、残るのは?

俺はニュースを掴むことが好きです。
カテゴリーは問わないけれど、読み終わった後に考えさせられるようなニュースを好んで読んでいる気がします。

2016時代に公開された、ビデオ「風土から猫が消えたなら」。
こういう虎の巻も読んでいました。

項目としてはまったく好きで、肩の力を抜いて掴むって、すーっって心の中に入り込んでくる品物という感じ。

かつて、ラインで配信されていたというこういう誌をニュースとしてしまうと
どうしても底辺さが目立っていたように感じました。

も、撮影ありきで作られたのかな?と考えると、簡単に納得できて仕舞う。
というのも、大いに撮影に適した製法に感じたからなんです。

読みながら簡単に動画を思い浮かべることが出来た、さんざっぱら読みやすい品物でした。

ちょっとレヴュー系統に聞こえたかもしれませんが、でも俺はこういう品物が好きです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【簡単にあらすじ】

郵送配達員をしている30年代のキャラクターが、ある日ぶらりと、脳腫瘍で余命を報じられる。
夫人が他界し、恋人は「キャベツ」と名付けた猫って暮らしていて、パパは疎遠。
恋人はいなくて、昔の恋人への未練を抱えている。
趣味はビデオ観賞で、おんなじ趣味を持つ同士が単独要る。
余命を報じられ、惑いや恐怖に押しつぶされそうになっていた。

そんなとき、あなたって類似な妖怪が現れて、「寿命を引き延ばすための転売」を持ちかけられる。
寿命を持ち越す代わりに、風土から何かグループ無くすことをコンディションに。

呼び出し・ビデオ・アラームといった消して行くものを選び、風土からそれらを消して寿命を一年中ずつ延ばして出向く。

も、風土からそれらをなくすは、育んできた物覚えも消して仕舞うに関してだった。

寿命が迫り来る中で、昔の恋人や疎遠になっているパパ、亡くなった夫人からの文などに関わって行くため
ライフにあたって考え、輩との係わり奴に対して考え、困り、決断して出向く。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

品物の中に涙腺を刺激するようなことわざや左右、ときが出てきます。
そのお蔭で、読みながら泣いてしまうこともありました。

風土から何かグループなくすためもらえる一年中というチャンス。
余命わずかなキャラクターにとっては、大きな一年中。

も、風土から何かを無くすため参る人達もたくさんいる。
大切な誰かとの物覚えや甘酸っぱい物覚え、どういう物覚えにも意味があって、それが誰かを支えてある。

自分に置き換えて読み切るという、ちょっぴり辛くなったりもしましたが
読み終わったときに、どっかすっきりして、清々しいハートにもなりました。

今の自分がこなせる事態。
周りの人に自分が行える事態。

与えられたチャンスを丁寧に、大切に暮らす事態の重要さを改めて考えさせられた品物でした。

近いうちにビデオも見てみたいと思います(^^)ミュゼ 100円 期間